奄美大島の自然ガイド、アイランドサービス、ばるばる村便り

奄美の自然体験、ガイド、案内、観光のベース基地、シーカヤック、マングローブ、金作原原生林、パワースポットのツアー情報、ばるばる村から、生物、植物や日々の出来事をお伝えいたします。アイランドサービスのホームページはプロフィールから!

夏、夏、夏・・・

120727s-_20120729031930.jpg

natunokumos-.jpg

120723s-.jpg

hsnsts-.jpg

               いい季節です
             奄美がキラキラ輝いています

                            by JOE

 
 

ハマイヌビワ

 平成24年度第1回奄美大島エコツアーガイド研修会が一昨日開催されて参加してきました。
エコツアーガイドの資質向上及びガイド間交流を目的に定期的に開催されております。
今回は「~しめころしの木『ハマイヌビワ』に会いに行こう~」と題して、私も日頃から大変お世話になっている常田 守さんが講師を務めてくださいました。

 目的の場所まで休憩を挟んでゆっくりと進んでいきます。
沢沿いを歩きますので、予想通りナガ~イ生き物も、クロウサギの大量の糞塊も出現しました。
120715-1s-.jpg
 
 出発してから約1時間。
目の前に現われたハマイヌビワの巨木。
hamainus-.jpg

 人間を配するとその巨大さが判ります。
120715-2s-.jpg
高さ凡そ30メートル、根周り38メートル(巻尺で測った実測値)、樹齢は少なく見積もっても100~150年位だろうとの説明でした。

 巨木の近くには通称「ケンムン滝(常田氏命名)」が流れており、滝つぼの横で昼食を摂りましたが、その空間だけは冷んやりとした空気が流れており、マイナスイオンを体全体に浴びることができました。
kenmuns-.jpg

 我慢できずに滝つぼに飛び込んだ「カーツ大佐」ならぬ「カツ大佐」
120715-4s-.jpg
「地獄の黙示録」のワン・シーンのようです。
よく見るとハリウッドの名優M・ブランドに似ているような気も・・・・  


   島には我々の知らない資源がまだまだ一杯眠っています
 自然、歴史、文化等、尽きぬ魅力に溢れています
 それらを発掘し発信していくのも我々ガイドに課せられた使命なのでは・・・
  そんな事を考えながら山を下りていきました

                            by JOE

   
  

 

 
 
 

パラの花

                         ビラ海岸
bilas-.jpg
奄美大島の北部に位置するビーチで、波の良い日は大勢のサーファーで賑わい、風の良い日はパラグライダーが気持ちよさそうに大空を舞っています。
最近は奄美の新たなパワースポット「ハート・ロック」でも知られるようになってきました。
 先日、安定した南西の風が吹く中、久しぶりのフライトを楽しんできました。

                       ドラゴンレディー
ladys-.jpg
果敢な攻めの飛びっぷりは男顔負けです。
その日は3名の美女軍団がガンガン飛びまくっていました。
 みんなうまくなったなー・・・

                       ハート・ロック
harts-.jpg
空の上から見るとこんな感じです。判りますか?画面中央の左手です。
干潮時に見ることのできる潮溜まりで、春には岩肌に付いた緑色のコケでハート型の鮮やかな輪郭が浮かび上がります。アベックで訪れると恋愛成就の願いが叶うと言われており、最近人気が高まっているスポットです。

                       空に咲いた花
hanas-.jpg
気が付くと大勢のフライヤー仲間が集まってきていました。
皆、重度の「飛びたい病」を患っていますが、今日の薬が効いて暫くは病気も再発しないことでしょう。
 
    夏の青空をバックに色とりどりのパラの花が咲き誇った1日でした

                                        by JOE

                        オマケ
okas-.jpg
   恋が実った「ムラサキオカヤドカリ(天然記念物)」


                        



該当の記事は見つかりませんでした。