FC2ブログ

奄美大島の自然ガイド、アイランドサービス、ばるばる村便り

奄美の自然体験、ガイド、案内、観光のベース基地、シーカヤック、マングローブ、金作原原生林、パワースポットのツアー情報、ばるばる村から、生物、植物や日々の出来事をお伝えいたします。アイランドサービスのHPは右下リンクから
MENU

灯台下暗し

このブログでも何度か採り上げたことのあるガジュマルの大木がマングローブの近くにあるとの事で、一度探してみたものの見つけることができず、地元の人に聞いても知っている人はおらず、結局判らずじまいでした。
先日、ツアーが終わった後に少し時間があったので、再度教えてくれた方に詳しい道順等を確認し車で向かったところ道路からちょっと入った所に立派な大木が
DSC00733-s.jpg

アコウやガジュマルの木の持っている妖しい雰囲気に魅せられて、これまでにも多くの写真を撮っていますが
職場の近くにこれほどの大木があったとは・・・

ガジュマルの木の根元には奄美の伝説の妖怪「ケンムン」が住んでいると、昔から云い伝えられています。
なるほど、いかにも、の感じがします。
ただ、その時間帯は散歩に行っているのか、食べ物を探しに行っているのか不在でした。
 日暮れになると帰ってきて、ここを寝グラにするのでしょうか。
   道路脇で、たまに車が走っているので安眠できないかもしれません・・・

                                       by JOE

                                                                                                                                                                                                                         

タラの芽

裏の畑にはタラの木が沢山ありまして今の時期どんどん芽が出てきて1人では食べきれないぐらい収穫できますので、スタッフや知り合いの方によくおすそ分けしています。
024-s-s.jpg
大きな木でしたら3~4mぐらいです。摘んでも摘んでもめがでてきます。秋まで収穫できます。
021-s-s.jpg
自分が食べる分です。
DSC00633-s.jpg
今日の夕食のおかずはタラの芽と豆腐、トマト、サヤエンドウのサラダでおいしく頂きました。どうですおいしそうでしょ。野生のヨモギやミツバなどもあるので次は天麩羅でいただくことにしましょう。来月は竹の子が出てきます。これがまた火であぶって皮をむいてから食べる刺身がたまらなくおいしいんだな。
ばるばる村は自然の恵みがいっぱいです。

該当の記事は見つかりませんでした。